ゴハン vs Newゴハン | Tail of Cat ~猫のシッポ~

2022/06/01 15:40


うん、今日はね、レトルトパウチを開けたら大好評だったから、
猫さんたちのゴハンの話をしよう。
でも。成分ガー、とか。栄養素ガー、みたいなのは各メーカーさんのサイトで見てねw

 


たまに「そのメーカーは信頼できるんですか?」って聞かれることがあるんだけれども、
単刀直入・超直球で言うと、そんなのシラン。愚問だと思うの(´・_・`)。
当店としては、そのメーカーさんが丁寧なフード作りをしてくださってると
信じてお取引をしています。みたいな。
どう考えたって、外部の人間デスカラ、模範解答以外に何が言えるというのやら。


だけど。どんなバランスで何が入ってるのかなってことを、飼い主さんは気に掛ける。
それはさ、すごくすごく素敵なことだと思うんだ。
我が子にちゃんとしたゴハンをあげたいって気持ちは、本当に大切で素敵な気持ち。

 


じゃあ、飼い主の立場で何ができるのかっていうと。
一番、簡単なのは、力いっぱい本気で猫と猫のう〇ちをよく観察しようよってことかな。


仮に100%パーフェクトなチキン系のゴハンがあったとして。
食べてる子に鶏タンパク質のアレルギーがあったらもうそれは。
「その子にとってはダメなゴハン」


ホント、キャットピープルな皆さんに気が付いてほしいの。
人間が一人一人違うように、猫もそれぞれ違うんだってこと。

 


同じご飯をあげて、それがとても上質なゴハンだったとしても、
おなか壊す子もいれば、太りすぎる子もいるし、ばっちり合う子もいる。
自分ちの猫さんがおなか壊したからって、そのフードがダメなわけじゃない。


そんなわけで『その子に合うゴハンと適量を見つけてあげよう』が正解だと思うんだ。

 


実は、猫のシッポで売ってる全メーカーさんのゴハンは、うちの子たちと、
ご近所さんちのニャンコたち、老若男女、約50頭にモニターをしてもらうんだ。

 



で。今、うちの子たちのブームはアルモネーチャーさん。
うわーーーい!!とばかりにゴハンの時には、
階段も廊下も、猫さんたちがご一緒してくれるので、
油断するとシッポ踏みそう。

 


 

でもね、好きすぎて食べすぎて毎度おなかを壊す食いしん坊さんには、
可哀想だけど、みんなの半分しかあげないの。
おなかの平和が保たれるなら、オカンはココロを鬼にするさっ。

 


 
だけど。文句にゃーにゃーな大食い爺様猫には別添えで、
腎臓ケアのシニア向けドライフードを・・・。


それはもう、素晴らしく内緒のおやつ!
今なら君だけに!特別サービスでっ!みたいな
大げさな素振りで、後入れして差し上げる。そして大好物へ。
案外、猫ってだまされるよね。うちだけ?

 


 

ちなみに、これは『今』のことで。
少し前までは、別のメーカーさんの別のパウチがブームだった 😀
腎臓数値がわるくなった時には、また別のメーカーさんの療養食を食べてたり。


これといったルールはナシで、私の気分と猫たちの様子で
いつも同じにならないように、ゆるくゆるく切り替えたりしている。


このやり方も別に正解とは限らないし、間違ってもいないと思うんだ。
うちではこれでいい感じ。あなたのおうちはどうですか♪ってことだね。

 


もし覚えてたら、そのうち、我が家流ごはんの切り替え方を書いてみるね 😉